女性の高収入アルバイト、4つの形態

一般的に女性の「夜のお仕事」といえば、「水商売」ですが、水商売でも色んな種類があります。
バイト感覚で始める方にとって、大きく分けて手軽な順から言うと、
①ガールズバー
②キャバクラ
③クラブ
④セクシーキャバクラ
の順になるかと思います。

ガールズバーは、接客業といってもいわば女性バーテンダーと同じで、
カウンターを挟んでお客さんと向き合うので、カフェの店員さんみたいな感じですね。
でも、基本は立ち仕事なので、足がむくんだりといった悩みもあるようです。

キャバクラとなるとお客さんの隣に座っての接客になりますから、多少「女性」
というものを押し出していかないと仕事になりません。
全く「お触り」が無いとは言えないと思いますが、綺麗なドレスを着たり、
メイクやヘアメイクにこだわったり、女の子磨きができるメリットもあります。

クラブ(高級クラブ)の場合、料金も高めで客層の年齢層も高いため、
見た目の綺麗さなどよりもお客様との会話を楽しんだり、話題が豊富な女性の方が
向いている場合もあります。プロの「ホステス」さんのイメージがありますが、
いわゆる高級クラブで働いていても「ヘルプ」といわれるバイトで、昼間は普通のOLさん
なんて女性も多数在籍していますので、意外に手軽の始める女性も多いのが実情です。

セクシーキャバクラ(セクキャバ)は、非常に幅が広い形態かと思います。
露出度が高くてセクシーなドレスを着てるだけで、ほとんど普通の「キャバクラ」
と同じお店の形態から、「下ネタ」は当たり前で「お触り」だけにとどまらない
ケースまで多様です。

いろいろなお店の形態がありますから、最初は無理をせずに、自分に合ったお店の形態を見つけることが大切です。

まずは体験入店で、自分に合うのかを確かめてみるのが一番です。

 ↓ コチラ ↓ から登録して、自分に合うお店を紹介してもらいましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体験!ガールズバイト

サブコンテンツ

このページの先頭へ